標的型攻撃防御FFRI yaraiのご案内へ今後、やり取り型メールに代表されるような標的型攻撃が高度化し、 持続的に攻撃される「高度標的型攻撃」が広まる恐れがあります。そのため高度標的型攻撃防御(標的型攻撃対策)にFFRI yaraiをご利用いただいて、安心な情報セキュリティを 確保してください。標的型攻撃防御(標的型攻撃対策)に特化したFFRI yaraiは、5つの振る舞い検知エンジンで未知の脆弱性攻撃を利用した標的型攻撃を防御し、 情報システムの遠隔コントロールや、情報漏洩などを未然に防ぐことができます。標的型攻撃防御 FFRI yarai(標的型攻撃対策 FFRI yarai)のZDPエンジンは、未知・既知の脆弱性攻撃を検知し、 攻撃されようとするプログラムやサービスを防御します。標的型攻撃防御(標的型攻撃対策)FFRI yaraiのスタティック分析エンジンは、実行形式プログラムが動作する前に、 ファイル内部の構造を検査し、どのような振る舞いをするかを検定して、不正プログラムかどうかを判定します。標的型攻撃防御 FFRI yarai(標的型攻撃対策 FFRI yarai)のSandboxエンジンは、 コンピュータのメモリ空間の隙間を使用して、プログラムが実行する直前に一部の命令を動作させて不審な振る舞いがないかを検証します。不審な振る舞いが 発見されれば、そのプログラムを停止させます。標的型攻撃防御 FFRI yarai(標的型攻撃対策 FFRI yarai)のHIPSエンジンは、ホスト型の侵入検知システムで、実行されるプログラムがコンピュータ のメモリー空間に展開された際に、不審な命令が動作された場合、そのプログラムを停止させます。 標的型攻撃防御 FFRI yarai(標的型攻撃対策 FFRI yarai)の機械学習エンジンは、膨大なマルウェアのビッグデータから、機械学習されたエンジンを使用して、未知の標的型攻撃を防御 できるエンジンです。これらFFRI yaraiの5つのエンジンは、さまざまな方法で行われる標的型攻撃防御 FFRI yarai(標的型攻撃対策 FFRI yarai)に最適化され、一般的なコンピュータウイルス感染 だけでなく、新種のマルウェアや、新しい手法の脆弱性攻撃による標的型攻撃防御(標的型攻撃対策)に徹します。FFRI yaraiは標的型攻撃防御(標的型攻撃対策)では、世界最先端の 技術と、蓄積された技術者(セキュリティエンジニア)のノウハウが反映された製品です。

最新技術の高度標的型攻撃防御F FFRI yarai

TEL. 03-6895-6800

〒105-0012 東京都港区芝大門2-10-12 KDX芝大門ビル 8階

標的型攻撃防御(標的型攻撃対策)に特化したFFRI yaraiは、持続的、高度化された不正プログラム、コンピュータウイルス、 マルウェア、脆弱性攻撃による標的型攻撃防御(標的型攻撃対策)に、優れた検知能力と、稼働中のアプリケーションやサービスに影響を与えないよう 不審な命令を含むプログラムやサービスを停止させ、システム全体がフェールセーフになるように設計され、稼働しています。 標的型攻撃防御(標的型攻撃対策)には、攻撃を行う立場にたって、攻撃手法と防御手法の研究を官学民間一体となって行い、新たな知見を蓄えた FFRI社の国際的競争力の高い技術力が必要です。これらの知見を集めた標的型攻撃防御 FFRI yarai(標的型攻撃対策 FFRI yarai)が、幅広く支持される理由です。

FFRI yarai が選ばれている理由

標的型攻撃防御に特化

標的型攻撃対策へのお問合せ

標的型攻撃防御に特化

標的型攻撃対策へのお問合せ

高度標的型攻撃の特徴

標的型攻撃対策へのお問合せ

5つのエンジンで防御

標的型攻撃対策へのお問合せ

5つのエンジンで防御
高高度化する標的型攻撃からのエンドポイント防御対策、いわゆる標的型攻撃防御(標的型攻撃対策)にはFFRI yaraiで! 国内最高レベルの情報セキュリティが確保できます!そもそも高度標的が攻撃とはどのようなものでしょうか。 最近の情報セキュリティ侵犯事案を観察していますと、標的企業・組織の情報システムを混乱に陥れるような行為は減少傾向にあります。 代わりに、情報システム運用者やエンドユーザが気が付かないうちに、エンドポイントのパソコンやサーバなどに侵入し、 管理者権限を乗っ取り機密情報を搾取する不正アクセス、不正ログイン事案が増加しています。 攻撃者はソーシャルエンジニアリングを精力的に行い、会社・組織の従業員の個人的なメールアカウントからパスワードを類推または搾取し、 攻撃サーバからパスワード・リスト攻撃などで不正ログインを行います。 また、最近の事例では持続的かつ高度化された標的型攻撃が発生しています。 まとめると、1.金銭目的や安全保障の妨害を目的として、意図的に機密情報を搾取、詐取します。 2.標的となる企業や組織周辺の小規模な組織や個人を狙って情報収集を行い、ぜい弱なところから、攻撃のための情報を盗み出します。 3.目的を達成するためのマルウェアや不正なプログラムを使い、入手した情報から標的企業の情報システムの脆弱性を攻撃して、 最終的な攻撃プログラムを遠隔地から感染させます。 4.これらの行為が、標的となった企業のシステム管理者やユーザがまったく気が付かない間に実行されます。 また、攻撃が成功するまで、手段や手法を変えながら複数回にわたって、長期間攻撃が行われます。 このような、高度標的型攻撃から防御する方法(標的型攻撃防御(標的型攻撃対策))は極めて限定されます。 まず第一に、電子メールに添付ファイルが安全かどうか検査する。Webサイトからのファイルダウンロードを監視し、検査する。 USBメモリースティックなどの外部記憶媒体が接続できないようにする。接続された場合はデータコピーの様子を監視し、検査する。 持ち出しPCなどは外部先でどのような使われ方をしたのかを履歴をとる。といった情報システムの資産運用監視を強化し、 情報システムの脆弱情報やユーザID、パスワードの流出などを防御します。 次に、ウイルスや不正プログラムが標的や準標的に感染するためのランチャー部を防御します。これはこれまでのパターン検知型のアンチウイルスソフトウェア や、FFRI yaraiの振る舞い検知のスタティック分析、Sandbox、HIPS、機械学習の各エンジンで検知し、動作を停止させることができます。 さらに、標的型攻撃では情報システムの脆弱性を攻撃するため、未知の脆弱性攻撃を検知する仕組みを導入する必要があります。 これは、他社のアンチウイルス製品では、ほぼできていない技術です。FFRI yaraiではZDPエンジンで、未知の脆弱性攻撃を検知し、防御します。 最後に、標的となる情報システムに特有の本番攻撃プログラム(高度標的型攻撃防御(標的型攻撃対策))は、カスタムメイドであるため、 汎用的なアンチウイルス製品では防御できません。 ですので、ここに至る前段階で、如何に確実に検知し、防御できるかという点が標的型攻撃防御(標的型攻撃対策)の要となります。 FFRI yaraiは製品開発当初から標的型攻撃防御(標的型攻撃対策)に特化しています。したがって、5つのエンジンすべてがヒューリスティクス・ビヘイビア検知という 不正プログラム検知手法をとっています。この方法は振る舞い検知とも呼ばれています。FFRI社ではこのヒューリスティクス・ビヘイビア検知技術 では特許を獲得しており、世界的に見てもこの分野では先んじています。 また最新技術である、「機械学習エンジン」は、昨今民間でも急速に広がっている「機械学習」技術を利用して、FFRI社が蓄積した、 マルウェア・不正プログラムのビッグデータから、正常なプログラムと不正なプログラムを分類選別できる能力をもっていて、 これによって未知のウイルスやマルウェアが登場しても、コンピュータのメモリに展開された際に、その振る舞いが機械学習エンジンで 検知できます。 このような世界最先端の技術力によって生み出された標的型攻撃防御(標的型攻撃対策)に特化したFFRI yaraiは、お客様の信頼を裏切ることなく、エンドポイントでの 標的型攻撃を防御し、ハイレベルな情報セキュリティを構築するのにお役にたてる製品です。 そのほかのエンジンについて説明します。 ZDPエンジンは、Windows OSだけでなく、稼働しているアプリケーションやサービスのバッファオーバーフロー脆弱性などのようなプログラムの弱点 をついて、ユーザーが意図していない、不正なプログラムを実行させたり、一旦コンピュータを身動きできないようにCPUの消費量を増やして、 その隙に、不正なプログラムを仕込んだり、ということを行った際に、そらの不審な振る舞いを検知して、脆弱な部分を防御します。 他のエンジンとはちがって、ZDPエンジンはユーザー様のプログラムも防御できるために、ソフトウェア開発企業で、開発するソフトウェアの 脆弱性検証などにも利用されています。 すたていっく分析エンジンは、動作可能なEXE, COM, PDF, DLLなどの実行形式を含むファイルが実行される前に、内部を静的に検査し、 実行時の振る舞いを検証して、不審な命令やアドレス参照などがあると、そのプログラムが動作しないようにロックします。 次にSandboxエンジンについて説明します。 Sandboxはいわゆる砂場で、不正だと思われるプログラムをこの砂場で少し遊ばせてみて、不審な振る舞いをしたら、そのプログラムの動作を止める、 という仕組みです。コンピュータのメモリ空間の小さな隙間で実行させるため、OSや他の稼働中のプログラムやサービスへの影響はまったくありません。 次にHIPSエンジンは、ホスト型の侵入検知システム(IPS)です。FFRI yaraiはメモリ空間に展開されて実行しようとしている不正なプログラムの 動作を複数のHIPSで監視し、不審な命令を実行しようとすると、そのプログラムを停止させます。 FFRI yarai製品シリーズには、5つのエンジンを搭載した FFRI yarai と、ZDPエンジンだけの FFRI yarai脆弱性攻撃防御機能(ZDP) がございます。 後者のFFRI yarai脆弱性攻撃防御機能ソフトウェアは既存のパターン検知型アンチウイルス製品と併せてご利用いただくことをお勧めします。 既存パターン検知型アンチウイルス製品のライセンス契約がまだ残っている場合は、FFRI yarai脆弱性攻撃防御機能(ZDP)を導入いただいて、 セキュリティ強化してください。その後、他社製アンチウイルス製品のライセンスが切れる際に、5つのエンジンを搭載したFFRI yaraiに 移行していただければ、より安心です。 なお、FFRI yaraiは他社製アンチウイルス製品と共存できますので、その場合は共存させるための設定方法などを 弊社までお尋ねください。 ただし、他社製アンチウイルス製品は法人向け製品に限ります。 弊社では、お客様のFFRI yaraiで検知した検体が、どのような種類で、どの程度の脅威をもたらすものかといった、FFRI yarai Analyzerを用いた 分析サービスも行っております。 また、大規模なクライアント数になりますと、管理が大変になりますので、それらを統括管理する管理コンソールがございます。 管理コンソールはクライアント数10,000台まで無償で提供させていただきます。ただし、規模が大きくなりますと、 お客様のネットワークのゾーニングや拠点間ネットワークなど、複雑になってまいりますので、 管理コンソールを設置する場合には、一度ご相談ください。よりよいご提案をさせていただきます。 これまで見てきましたように、標的型攻撃防御(標的型攻撃対策)にはFFRI yaraiが最も優れており、 未知の標的型攻撃防御(標的型攻撃対策)にも対応でき、またベンダーのサポートが切れたOSの脆弱性や、アプリケーションの脆弱性に対する 標的型攻撃防御(標的型攻撃対策)も任せることができます。 標的型攻撃防御(標的型攻撃対策)にはFFRI yarai! ぜひご検討をお願いいたします。 標的型攻撃防御(標的型攻撃対策)に特化したFFRI yaraiは、持続的、高度化された不正プログラム、コンピュータウイルス、 マルウェア、脆弱性攻撃による標的型攻撃防御(標的型攻撃対策)に、優れた検知能力と、稼働中のアプリケーションやサービスに影響を与えないよう 不審な命令を含むプログラムやサービスを停止させ、システム全体がフェールセーフになるように設計され、稼働しています。 標的型攻撃防御(標的型攻撃対策)には、攻撃を行う立場にたって、攻撃手法と防御手法の研究を官学民間一体となって行い、新たな知見を蓄えた FFRI社の国際的競争力の高い技術力が必要です。これらの知見を集めた標的型攻撃防御(標的型攻撃対策)FFRI yaraiが、幅広く支持される理由です。

PC版